タグ別アーカイブ: ゴールデンステートウォリアーズ

KD

KDまさかのウォリアーズ移籍!NBAはオフシーズンの動きにも要注目

ケビン・デュラントがゴールデンステート・ウォリアーズに移籍!

いきなり飛び込んできたビッグニュース。
NBAを知らない人からすれば「で?」っていうニュースだろうが、NBAファンからしたらとんでもないニュースだ。

てか、スプラッシュブラザース+KDって、あいつら1試合で何点取るつもりやねん!
200点取るつもりなんだろうか…

シーズン73勝の新記録を作ったにもかかわらず、ファイナルでクリーブランドに敗れたのがショックだったのはわかるけど、やりすぎだよ。
シーズン80勝するつもりなんすかね。

でもハリソン・バーンズとアンドリュー・ボーガット放出しちゃうし、ゴール下のディフェンスで今以上にグリーンにかかる負担が増えるだろうな。
レブロンが得点量産モードに入ったときに、チームディフェンスで止めきれるのか今から楽しみで仕方ない。

他にも注目の補強を進めているのがシカゴ・ブルズ。

なんとシーズンMVPを獲得したことのあるデリック・ローズをニューヨーク・ニックスに放出!
これには度肝を抜かれた関係者が多い。俺もびっくらこいた。

確かにローズは怪我がちで、シーズンを通して安定した成績を望むのは難しい選手になってしまったが、
全盛期のキレッキレの動きを知っていると、そして今でも時折見せる切れ味抜群のクロスオーバーを観てしまうと、
ローズ放出はかなり思い切った戦略に思えてしまう。

これでジミー・バトラーを中心にしたチーム作りに切り替えていくのかなー、なんて思っていたら、
なんとドウェイン・ウェイドとレイジョン・ロンドを立て続けに獲得!この移籍にもびっくらこいた。

バトラー、ウェイド、ロンドを共存して使うとすると、バトラーはフォワード起用かな。
まぁ、バトラーのディフェンス力なら大丈夫そうだが。
ガソルの他にもう一枚強力なビッグマンがいれば、十分優勝を狙えるチームだな。

最後にドラフト。
さすがに大学バスケまで精通してはいないので有望選手は知らないが、
NBAはドラフト1位が前評判通りに活躍することが多い。
2008年以降の1位は下記の通り。

デリック・ローズ
ブレイク・グリフィン
ジョン・ウォール
カイリー・アービング
アンソニー・デイビス
アンソニー・ベネット
アンドリュー・ウィギンス
カール=アンソニー・タウンズ

活躍できてないのはアンソニー・ベネットくらいで、後は全てNBAファーストチームに入ってもおかしくない面々ばかり。

というわけで、2016年ドラフト1位のベン・シモンズもたぶんやってくれそうな雰囲気。
2位のブランドン・イングラムは目つき悪くて素行不良っぽいけど、Youtubeで観る限りバスケの実力は確か。

今からすでに来シーズンが楽しみだ。

player_curry

ステフィン・カリーを止めない限りサンダーに勝機はない

※画像はWOWOWより

NBAが佳境です。ブルーレイに撮った試合を帰宅後に観戦するのが今一番の楽しみです。
カンファレンスセミファイナルが終わって、残っているチームは4つ。

・ゴールデンステートウォリアーズ
・オクラホマシティサンダー
・クリーブランドキャバリアーズ
・トロントラプターズ

大本命はウォリアーズで間違いないんだけど、まさかスパーズがサンダーに負けるとは誰も思ってなかったよね。
今季ホームで一度しか負けていなかったスパーズが、セミファイナルだけでホームで2敗。
サンダーの両エース、ラッセル・ウエストブルックと”KD”ことケビン・デュラントを勢いづかせてしまうと手が付けられないです。
特にウエストブルックの速攻はアンストッパブルですねー。スパーズの名将ポポビッチさんもお手上げ状態でした。

スパーズ戦ではセンターのアダムスと、シックススマンのカンターがめっちゃ頑張ってたイメージ。
あの二人がコートにいる時、オフェンスリバウンド取りまくるし、とりあえずリバウンドに参加しまくるからダンカンもオルドリッジもかなり疲れてたはず。
特にダンカンはいつ引退してもおかしくない年齢だし、相当疲労が溜まっただろなー。
もしかすると、このオフにこっそり引退するかもね。華々しく引退したコービーとは対照的に、ダンカンの引き際はそんな気がする。

とは言っても、サンダーがウォリアーズに勝てるビジョンが見えないな。
スパーズ戦よろしく、アダムスとカンターでリバウンドを制するしかない。
あとウエストブルックがディフェンスをしっかり頑張ること。
ウエストブルック以上にアンストッパブルなシューターがウォリアーズにはいますからね。

NBA史上初の満票でMVPに選出されたステフィン・カリーを止めない限り、サンダーに勝機はない。
でもカリーを止めても、トンプソンがいるし、成長著しいドレイモンド・グリーンもいる。

盛り上がるウェストに比べて、イーストはキャバリアーズが順調に勝ち進み。
ってか、まだプレイオフに入ってから一度も負けてない。
3ポイントが異常なくらい決まってるからね。

あの勢いが続いて、けが人を出さなければ、もしかすると決勝でウォリアーズに勝つかも。
ただ、レギュラーシーズンではボロ負けしてるから、悪いイメージを引きずってそうなところは気がかり。
レブロンが優勝経験のないメンバーに勝者のメンタリティーを植え付けられるかどうかにかかってるな。

あー今日も殴り書き。