金メダルラッシュ!リオ五輪が予想以上の盛り上がり

毎日寝不足で日中眠くてしょうがない。
それもこれもオリンピックのおかげですが、リオとの時差が12時間ですからね。
日本とはちょうど地球の真裏に位置しているようです。

ただし!

連日のメダルラッシュで日本列島は最高潮に盛り上がっています。
お家芸の柔道復権に、水泳の躍進、男女卓球は中国に肉薄し、陸上ではなんと4x100mリレーでアメリカを破って銀メダル!

快挙快挙の連続です!
東京オリンピックへの強化策がすでにはまった形で、俄然4年後が楽しみになってきました。

中でも一番のニュースは女子レスリングでしょう。
伊調馨が女子では前人未到のオリンピック4連覇達成!
6階級中4階級で金メダルと獲得するという快挙でした。

しかし!

霊長類最強女子こと、吉田沙保里がまさかの決勝戦敗退。
連勝は206で途切れ(それでも異常だが)、引退をほのめかす発言をしているようです。

「吉田が負けた」という事実は各国メディアでも取り上げられるほど大きなニュースになりました。
正直誰も負ける姿を予想していなかったため、ショックは大きかった。
自分もまさか吉田沙保里が負けるとは思ってもみなかった。
…が、10年以上TOPにいるということはそれだけ研究されるということですよね。

でも胸を張って帰ってきてほしい。

今回金メダルを取った若き日本代表は吉田沙保里のオリンピックでの活躍を観て育った世代。
吉田に憧れてレスリングをはじめ、刺激を受け成長して、金メダリストになった。
吉田沙保里がまいた種は確実に芽を出し育っています。

4連覇した伊調馨も、もともとは吉田沙保里に勝てずに階級を変えたんです。
吉田から逃げて階級を変えて五輪4連覇…
この事実が何より吉田沙保里の偉大さを物語っています。