ブラジルvsチリ世界最高峰の一戦はPK決着

http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140629-00206826-soccerk-socc

チビデブなおっさんだが、スポーツ観戦は大好き。
自分がやれと言われても、5分で足がつるタイプの人間だが、観戦は大好き。

さっきまで行われたワールドカップベスト16「ブラジルvsチリ」の試合はずっと観てた。
まさかのPK戦決着だったけど、いいもの見れた。

チリみたいなサッカーを日本代表も目指すべきだと思った。
堅守速攻で南アフリカ大会の岡ちゃん日本を思い出した。
まぁレベルは全然違うが。

全員がしっかり守りの意識を持ってハードワークする。
基本路線にブレがないからチームとして戦えるよね。
あのブラジルがなかなか決定機を作れないんだからすごかった。

でもフッキのあのシュートは当たりこそへぼぴーだったがハンドではないでしょ?
審判が25メートルくらい離れてたけど、ちゃんと見れてたんかいな。
おかげで世界最高峰のサッカーを90分+30分も観れたのだけれど。

PK戦はセザールが2本も止めるとは。
さすがっす。

ネイマールはあれだけプレッシャーかかるところでよく決めたね。
でも勝った後泣いてたね。よく泣くよね、ネイマール。

というわけで、これからもちょくちょくスポーツの感想をぶっこんでいくのでヨロシク。

営業車はiPhoneでカーナビゲーション

ジョージ(ニックネーム)です。
俺がやっているのは営業という職業。

かっこいいニックネームとは違い、ほんとは40歳過ぎの小太りでちっさなおっさんだ。
最近では髪の毛もキレイにつるつるで、チビデブハゲというスーパー営業マンになってしまった。
ただ、自分で言うのもなんだが優しい性格で、見た目も相まって『仏のジョージ』と呼ばれている。

営業として日々汗だくになりながらお客さんをまわっている。
うちの営業車は今時めずらしく(けち臭く)カーナビが付いておらず、
元々関東出身の俺が慣れない大阪の地で車営業するのはちょっとつらい。

でも最近の技術革新はすばらしい。
iPhoneでカーナビゲーションまでできてしまうのだ!

iPhoneで現在位置を自動的に認識して、目的地の住所を設定すれば、
車で行くための道順を紹介してくれる。カーナビのように喋ってくれるので一人でも安心だ。

ただ、この前悲惨なことが起きた。
初めてのお客さんに出向く際、いつものようにiPhoneに目的地を設定して出発した。
渋滞もなく、順調に進んでいったのだが何やら様子がおかしい。

「目的地周辺です。」
「え?」

おいおい、まだ高速道路だぞ。
まさか、この高速道路の下が目的地か…

ダウンタウンのまっちゃんがこんな話してたことあったよなー。
ほんとにこんなことあるのかよ!

結局、iPhoneのカーナビ君のおかげでお客さんに30分遅れて到着しましたとさ。
どの職業にも当てはまるとは思うが、遅刻は営業職にとっても厳禁。
人との信頼を築くのには時間がかかるが、失うのは一瞬だ。

今後もチビデブハゲのスーパー営業マンの日々をつづっていくつもりだ。