パズドラの時代は終わり。これからはパワプロだ!

実は最近パワプロのアプリにドはまりしている。過去にプレステなどでパワプロをやったことがある人は、絶対はまってしまう中毒性がある。

そういう俺も、もう15年以上も前の話だが、社会人になって間もない頃に実況パワフルプロ野球’98開幕版というゲームにはまりまくっていたのだ。当時はイチロー最強時代で、イチローの能力値が色々とおかしかった。でもそんな最強パラメータのイチローを超える選手を作れてしまうのが、このゲームの楽しさであり醍醐味だ。

そんな過去があるので、久しぶりにサクセスをやると楽しくてしょうがない。仕事から帰り、部屋の隅っこでおっさんがスマホゲームをせっせとやっているのだから、客観的に考えると悲惨な状況だが、本人からすれば楽しいから別にいいのだ。

ただ、運営が色々とやらかすことが多いのもこのアプリの特徴。些細なミスでも見逃さないクレーマーが多い、と言った方が正しいかもしれない。

つい先日も、本来出るはずのダイヤのAコラボキャラがガチャから排出されないという不具合があった。これを受けてクレーマーが騒ぎ立て、一時はYahooのトップニュースになるほど炎上した。

しかし!

この時期のガチャで、ダイヤのAキャラを狙っていた人はほぼ皆無だった。つまり、当事者からすれば『そんなに騒ぐようなことかよ…』という感覚だったのだ。

でも、そのガチャを40回も回していた俺は密かに期待していた。『もしかしたら、クレーマーのおかげで40回分の補償があるかもしれない。』 と。

すると運営は補償内容を発表した。

「今回ガチャを回した数と同数の、ダイヤのAキャラのみが排出されるチケットを配布します。」

えーーーー!? 何それ。要らねーよ! ダイヤのAキャラなんて!

というわけで、チケットを40枚受け取る俺。
IMG_1571

文句を言いつつも、すかさず40回引く。


……
………

結果、SR沢村とSR真田をゲット。
PR真田も何枚か引いていたので合成すると、SR真田は+1だけ上限解放した。

IMG_1573 IMG_1572

うーん、嬉しいような要らないような。めっちゃ微妙。ダイヤのAキャラって、当たりはSR成宮くらいだからなー。

流行りアプリはパズドラからモンスト、白猫へ

会社の若い連中は、協力プレイができる「モンスターストライク」や「白猫プロジェクト」にはまっているようだが、俺は断然パワプロを推す。だって、友達がいなくても一人でせっせとできるからね!

そういえば最近、めっきりパズドラの話題が減った気がする。マックスむらいもモンストや白猫に鞍替えしようと必死だし、パズドラもそろそろ落ち目ですかね。

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響あり
沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす
驕れる者久しからず ただ春の夜の夢の如し
猛き人もついには滅びぬ ひとへに風の前の塵に同じ

あー、日本語って美しい。(謎の締め)

中国出張で潍坊(ウェイファン)に行った経験を記録しておく

先週は水曜日から土曜日まで中国に出張してきた。
楽しいとは言い難い出張だったが、忘れないために記録を残しておく。

<水曜日>
初日は朝早くに家を出て移動。浦東国際空港に着いたのは12:00くらい。
そこからリニアモーターカーと地下鉄で移動して上海の虹橋地区へ。
上海は噂通りに空気が悪い。遠くがもやってて見えない。
でも「今日はいいほうだよ」とのこと。まじかい。

事務所に15:00頃に着いて、簡単な打ち合わせをして夜は現地の駐在員と食事。
中華を食べたかったが、なぜか日本料理店へ。
まぁ、いいか。

その後、自分としてはKTVというカラオケ(キャバクラ)に行ってみたかったが却下された。
昔は盛んだったが、今は高くなってしかも女の子も減ったらしい。
値段に見合わないからやめたほうがいいよ、ということでおとなしくホテルで寝る。

<木曜日>
2日目は商談。
ただ上海ではなく潍坊(ウェイファン)という田舎まで移動。
移動に使ったのが中国の国内線である「海南航空(Hainan Airlines)」だった。
正直、怖かった。
中国国内線は墜落してもあまり報道されてないという情報を聞いたことがあったからだ。
天気が良かったので良かったが、これが雨風の強い日だったらまじで怖い。

無事についてまずはホテルにチェックイン。
ってか、潍坊(ウェイファン)寒い。7℃しかないし。
きれいなホテルだったが、なんとエアコンがぶっ壊れている!!!
寒い!

体を温めるため風呂に入ってから商談に行くという新しいスタイルを確立した。
そして商談は、これが中国の田舎なんだなと実感させられた。
だって中国語しか通じないんだもの。
簡単な英語も「はあ?」みたいなリアクションをされる。
同行の中国語ができる営業マンがいなければ全く会話にならないね、あれは。

商談が終わってホテルに戻る。
ホテルマンに近くで女の子と飲めるところを聞くと全くないとの回答。
ウェイファンではそういった娯楽が禁止されているらしい。
無念。この日もホテルで食事をとり、就寝。

<金曜日>
3日目はまた上海に戻るための移動日。
だって、ウェイファン空港から上海の移動便って一日に一本しかないんだもの。
本来であればウェイファン空港14:30発で浦東国際空港16:00着予定だった。
なのに飛行機が来ない!
待つ。ひたすら待つ。
ってか、チェックインすら始まらない。まじかよ。。。

15:00になってようやくチェックインが始まった。
チェックインを済ませて、またひたすら待つ。しかも空港内が寒い。
風邪ひきそう。

飛行機が来たのは結局16時過ぎ。
そして実際に飛び立ったのは17時過ぎ。
上海に着いたのは19時頃だった。
本当は16時には上海に着く予定だったのに。

その後ハイヤーで虹橋地区まで移動して(250元)初日の現地駐在員とまた食事。
今後は中華料理を食べた。うまいね、小籠包。
そしてまだ22時くらいだったが解散してホテル戻って寝る。
KTV行きたいけど一人じゃ不安で行けないし。

<土曜日>
最終日はこれまた移動だけ。
虹橋地区から浦東国際空港までホテルでタクシー拾って移動。
タクシーの運転手がめちゃスピード出すし、携帯で大声でしゃべってるし怖い。
途中からタコメータ前にスマホ置いて動画観ながら運転してるし。
恐ろしいわ。

そして帰りの便に乗る。
JALはやっぱり安心だし、乗務員の対応はいいし最高。
機内食もうまいしね。

日本に着いたのは15時くらい。
やっぱり日本はいいね。なにもかも。

家に着いたら無性にとんかつが食べたくなってコンビニで弁当買った。
ついでに味噌汁も。

中華料理もうまいけど、日本人はやっぱり味噌汁だな。
間違いない。

癒着?仁義?営業活動における返報性の原理

相変わらず営業で駆けずり回っているジョージです。

営業活動はなんだかんだで足で稼ぐしかない。
時代は変われども、やはり商売は人と人の関係で成り立つのだから。
相見積もりを取りまくり、ドライな判断で納入業者を決めるところもあるが、
大手はまだしも中小でそうゆうことやってるとツケが来る。
それに対して、仁義を切ってくれる人は信頼できる。
社会心理学でいうところの「返報性の原理」だろう。

癒着とまでは言わないが、自分は今後も人と人とのつながりを重視していきたい。
最後は人なのだ。

さて、最近は春めいてきて暖かいというか、外を歩き回っているとコートが邪魔なくらい暑い。
髪の毛がなくて汗かきなもんだから、首筋がきらりと光る。
ついでに頭も光ってる。

自分の働く業界も一時期の氷河期を終え、雪解けが進んでいる。
当社も受注売上は過去最高のものとなった。
だが、このところの急激な円安で利益はない。
ドル円相場は120円で安定するのか?
できれば110円くらいだとありがたい。

そして円安の最中、久しぶりに中国出張の話が来た。
ただ、今回は中国と言っても上海のような大都市ではなく地方の町だ。

中国は広い。東京ドーム何個分あるのかさえわからない。
上海出張であればいいが、それ以外は移動にやたらと時間がかかる。
今回も上海から新幹線で5時間… さすがに5時間はきついので飛行機で1時間半。

でも、この飛行機に乗りたくない!
中国の国内線ってめちゃくちゃ怖くない?
噂じゃ、毎年数十機が墜落してるとかなんとか…
このブログの更新が途絶えたら察してください。

まぁ、なんだかんだで楽しみもある。
今回も極上の中国美女を捕まえよう。
円安で日本と変わらないくらい金かかるけどな!
ちくしょー!

中州の屋台「やまちゃん」で〆のラーメン

先週は九州出張で、博多、大分、熊本と色々なお客さんを回ってきたわけです。
朝早くの飛行機で福岡空港について、休む間もなく移動移動で一日終わりました。

そして仕事が終われば、夜はお決まりの中州!

昼間一緒に行動していたメーカーの人と中州へGO。

タクシーの運転手が、
「あの辺がソープ街ですよ、中州のソープはおすすめですよ。」

といった感じで、やたらとソープを勧めてくる。
確かにチビデブのおっさんはソープが好きそうに見えるかもしれない。。。

ソープはとりあえず置いておいて、小料理屋に連れてってもらい焼酎を頼む。

ここの料理がうまい!
ワサビの茎は初めて食べたけどあれは癖になる。
焼酎もうまくてかなーり酔っぱらった状態で次のお店へ。

次はキャバクラ。
無料案内所で1時間4,000円のところを紹介してもらって行ってみる。

さすが中州。かわいい娘が揃ってる。

キャバクラではハゲのおっさんでもモテモテ気分になれるから割と好き。
でも彼女らの本心は金にしか興味がないだろうから、今度来るときまでにロレックスを買って身に付けていこうと誓ったのだった。

次の日も朝から仕事だったので早めに切り上げて、締めに中州の屋台に行くことにした。
何も事前情報無しで行ったが、「やまちゃん」という行列ができてる店があったので並んでみる。

中州やまちゃん

客が皆とんこつラーメンをうまそうに食べているのを見て、早く食べたくてよだれが出てくる。

後で調べてみると、やまちゃんは有名な屋台だった模様。
やっぱり迷ったら行列ができてる店にいけば間違いないね。

錦織選手の歴史的瞬間を見逃すまいて

若者の人間離れが激しい昨今、毎日に疲れた親父たちは彼らの活躍が糧になっています。

どんな希望を抱き進んだらいい?
答えようもないその問いかけは日常に葬られてく。

ミスチル、いいすよね。

さて、全米オープンですよ。

準決勝で世界ランク1位のジョコビッチを破って、日本人男子が決勝進出。
こんな日が来るとは。

エアケイの真似をして、中年太りのおっさんがジャンピングレシーブするという
コミカルな姿があったのは3年ほど前。(エアジョージと名付けた)
その頃はまさかその錦織選手が全米オープンの決勝に行くなんて思えるわけもなかった。

自分がテニス中継にはまってた10年くらい前は、決勝と言えば、サンプラス、アガシ。
女子ではダベンポート、ヒンギス。

その後もフェデラーとナダルの時代がきて、S.ウィリアムスの時代が来て。
日本人男子は決勝どころかベスト32にもいなかった。

それが、6時間後に始まる決勝で錦織選手が戦うという現実。
ここまでの内容を観ればわかる通り、まぐれではない本物の実力。

観るものすべてを魅了する攻撃的プレー。海外のメディアも注目するはず。

勝ってほしい。
2位でも頑張ったなんて声が上がると思うが、必ず勝ってほしい。

1位と2位は天と地の差がある。
誰も2位のことなんて覚えていない。

ウサイン・ボルトが世界新記録で優勝した北京五輪男子100m。
2着だった選手を覚えていますか?

台北出張|観光で九份(キューフン)にも行きました

台北は暑い!とにかく暑い!
日本も暑いけどやっぱり台北は暑い!

ということで、先日出張で台湾に行ってきた。

取引先との商談のためだが、客に会えるのは1日だけで、
そのために3日間の出張だから、自分としては観光もできていいんだけど、
会社としては余計な経費がかかるよね。

まぁ、たまにはこうゆうのもないとストレス溜まりまくっちゃいますから。

<初日>
初日は移動と簡単な打ち合わせをしてさっそく夜の街へ。
でも台北は普通に高い、かなりいいお値段します。

持ち帰りで、だいたい日本円にして3万円くらい。
日本でソープ行くのとそんなに変わらないよね。
まぁ持ち帰ったけれども。

<2日目>
2日目は商談。
中国語と英語が入り混じった打ち合わせで混乱する。
中国語はわけわからんし、英語もそんなに得意じゃないし疲れた。

2日目は商談が終わったあとで観光をした。
タクシーで九份(キューフン)という場所へ行った。

ここ、千と千尋の神隠しのモデルになった場所だとか。
(公式には否定されているみたい)

ほんとに千と千尋で、親が豚に変えられたあの街並みにそっくり!
ちょっと興奮した。

日本人客も多くて、ビール片手に屋台で買ったえりんぎを食べる。
このえりんぎめっちゃうまい!
ビールが進む。

夜の小籠包もうまかったし、かなり満足の出張だった。

千と千尋の神隠し

むこうぶちとサンクトペテルブルクのパラドックス

ニコニコ動画で「むこうぶち」の一挙放送がやっていて、暇つぶしで何となく観てしまった。

数学専攻の大学教授が麻雀のツワモノ「傀」(人+鬼でカイと読む)に挑む。
教授役の俳優は風間トオル。歳取ってもかっこええ。

数学教授ならではの確率論で、完璧な山読みなどをこなし、次々にあがる。
正直、長期的な視野でみればこういう戦い方が一番強いはず。
もしくはネットの麻雀で確率に基づいた打ち方をしていれば自然と勝つはず。

でも一回勝負や、初対面のオカルト打法などには弱いのも事実。

でも風間トオルは負けたら2度目には倍の額を賭ければいい。
そこで勝てばその前の負けを取り返せるという「マーチンゲール法」で勝負を挑む。

だが、ことごとく傀にやられる。
もし持ち金が無限大だったら、いつかは勝てる。
というのはまさに机上の空論。

今の営業職にはあまり必要ないが、学生時代は数学が好きだったから面白い話だった。
ニコニコ動画だったので誰かが「サンクトペテルブルクのパラドックスか」とコメントした。

聞いたことなかったのでググってみると、なにやら難しい。
でも簡単に言うと次のようなこと。

コインを投げて表が出れば2円ゲット。
裏が出ればもう一度投げる。

2度目で表が出れば4円ゲット。
裏が出ればもう一度投げる。

3度目で表が出れば8円ゲット。
裏が出ればもう一度投げる。

・・・

上記を続けるゲームがあるとする。
つまり、表が出るまで投げ続けて、表が出ればそれまでに投げた数をnとして、
「2のn乗」円のお金がもらえるというゲーム。

例えば、9回連続で裏が出た後、10回目で表が出れば2の10乗=1,024円もらえる。

このゲームの参加費がいくらだったら払いますか? という話。

(Thinking Time)

さて、あなたならいくら払いますか?

1,000円? 100円?

実はこのゲームでもらえる金額(期待値)を計算すると、答えはなんと無限大!

つまり、

このゲームにはいくら払ってでも参加するべきだという結論になる。
参加費が10万円だろうが、1億円だろうが、借金してでも参加する価値があるという訳。

…信じられないでしょ?

でも計算ではそうなる。
直感で感じることと、理論上正しい値の乖離があるのでパラドックスなのだ。

あらためて数学っておもしれーなー

マンガ「白竜」がかっこよすぎです

「この一件、私が仕切らせていただきます。」

言ってみてぇ。
白竜こと白川竜也というやくざがどのように組のシノギを立てるのか必見。
目的達成のためには手段を選ばない。

なぜなら、「俺はやくざだぞ。」だからです。

白竜は女を犯して惚れさせて解決するという無理やりな流れの時がある。
でもかっこいい。

佐田安の子供が私立小学校に入学するにあたり、白竜が代理で面接に行ったことがあった。
その場はうまくやり抜けたが、その後女教師にやくざとしての自分を見つかってしまう。
女教師がトイレに行くと白竜が無理やり扉をこじあけて犯してしまった。

「生でやった。」
「やくざの子はやくざにしかなれないのか?」

と投げかけるシーン。なぜかかっこいい。
その前のソクラテスのくだりもかっこよすぎるが。

あとは白竜を陥れるために尾行していた女を完膚なきまでにやり込め、
最後は抱いて終わりという話もあった。

とどめは8,000人の組員を抱える王道会の会長の娘。
この娘が黒須組員のケンジを笑いものにしたことのお返しとしてレイプする。
しかし、「こんなハードな男初めてよー」と惚れられてしまう。

六本木へ進出してきて間もなく、王道会の監視の目がきつかった黒須組にあって、
王道会会長に認められてしまった。

「会長の娘にあんな手荒な行動に出て、もし嫌われたらどうしたんですか?
ウチの組はあの時 風前の灯火だった・・・」

と心配していたケンジに言ったセリフ、

「男は常に女に惚れられる存在でなければならない」

これがかっこよすぎる。座右の銘にしよう。

オランダvsコスタリカはPK戦決着

いやー、いい試合でした。

途中スナイデルがポスト、ゴールバーをたたくシュートが2本あって試合が決まりそうな
場面は何度かあったけど、コスタリカはそれを守りきる当たり今大会の好調さを感じる。
乗ってるチームは運も味方してくるからね。

でも延長後半終了間際でオランダはゴールキーパーを交代。
まさにペナルティキックを止めるスペシャリストとしての背番号23の起用。

これがピタリ。

オランダは全員が決めたのに対して、コスタリカのPKは2本も止められた。
枠外にはずしたんじゃなくてキーパーに止められてたから、まさにPKのスペシャリストって感じ。

各国キーパーは3人ずつ代表に入ってるのが普通だけど、どうせ試合に出るのは1人だし、
もし正ゴールキーパーに怪我があった場合に2人目が出るけど、3人目はほんと出番ない。
だからこうやってPK戦のスペシャリストっていう人選はありだなーと感じた。

あれだけ攻めに攻めてたオランダが負けて、ずーっと守り一辺倒で数少ない
カウンターにかける戦い方をしてたコスタリカが勝つという結末は嫌だったしね。

これでベスト4が出揃った。
ブラジル、ドイツ、アルゼンチン、オランダ。

実にいい!

2つの南米の雄とW杯ではいつも強いドイツ、勢いに乗るオランダ。
まぁ個人的にはブラジル開催だし、決勝でブラジルvsアルゼンチンが見たい。
ネイマールがいないのは悲しいけど。
ディマリアも負傷交代してたけど、次の試合出れるのかな。。

それにしても休みとはいえ、寝ずにアルゼンチンvsベルギーもオランダvsコスタリカも
見続けてさすがに眠気が来た。この記事をアップしたら速攻で寝ます。

アディオス!

ヒアルロン酸注入で早漏防止できるという話

まいど、仏のジョージです。

ハゲは見た目が悪く、女にモテないと思われがちだがそうでもない。
それにハゲは男性ホルモンの賜物で、ハゲの男は精力も旺盛だと言われる。

確かに俺も性欲は強く、中学生みたく毎日オナニーするくらい元気だ。
そして、この年になっても3回戦まで行けるくらい夜の生活には強い。

でもちょっと亀頭が敏感で1回戦目はすぐにイッテしまいがちだ。
女によっては2回戦目を嫌がる女もいるから、1回戦で満足させられないのは良くない。

「こりゃ亀頭を鍛える必要があるな…」と思い、若いころはちんトレをした。
お風呂で水で冷やしたり、また温めたりを繰り返すトレーニング。
イヤホンでエロい声を聴きながら我慢するイメージトレーニング。
オナホールを使って膣の刺激に慣れるトレーニング。

そうやって、夜な夜な早漏改善のために頑張った。
…だが、効果なし!

AV男優も初めは早漏ですぐイッテしまったなんて話を聞くが本当だろうか?
俺みたいに亀頭が敏感な場合は、女に慣れて興奮しなくなっても刺激には耐えられない気がする。
亀頭をぐりぐりしても大丈夫なくらい、暑い皮膚の亀頭が必要かもしれない。

この前ある人と同行中に、ヒアルロン酸注入で早漏防止できるという話を聞いた。
面白半分の会話だったが、俺はちょっとだけ真剣に聞き入っていた。

10万円も出せばできるみたいだし、ダメ元でやってみるか…
独身貴族を謳歌しているから、そのくらいの金は出せる。
それで女に対するコンプレックスがなくなれば安いものだ。

…成功すればだが。