カテゴリー別アーカイブ: スポーツ

10月はスポーツ(特に野球)が最高に面白い

クライマックスシリーズの日ハムvsソフトバンク最終戦。
大谷君の165km直球と151kmフォークには度肝を抜かれた。
あの日の大谷君を打てる人類はいるのだろうか。

そして日本シリーズ。
大谷君の登板する2試合は日ハムの勝ちが確定してるようなもの…

と思いきや!

広島強し!

大谷君から1イニング2本塁打とは恐れ入った。
松山、エルドレッドがHR。

やっぱり外国人選手は一発があるから怖い。

シーズン中はアラがあって、攻め方を間違えなければ簡単に凡退したりするが、
ここ一番で集中してる試合では怖い。これこそ長距離砲の魅力だ。

エルドレッドは2試合目も連発した。
高めに外したボール球を強振してレフトスタンドへ持っていったからね。

そして、2試合目はビデオ判定があった。
TV解説の江本、大矢、達川の老害たちは「ビデオ判定はつまらない、フェアじゃない」
的な文句を地上波で垂れ流していたが、あれには不快感を覚えた視聴者が多かったのではなかろうか。

というより、何よりフェアな判定がビデオ判定でしょうが!

あとビデオ判定を見て、田中がホームインする前にヘルメットに触れているからアウトだという指摘もあった。
確かにアウトのタイミングでヘルメットに触れているが、触れている部分はボールを持っている
ミットではなく腕か肘の辺りに見える。
野球のルールではボールを持った手でタッチしなければアウトにはならない。
ミットにボールが収まっていても、腕や肘でタッチしたところでセーフだ。
つまり田中のホームインは認められる。
これは私なりの見解だが、異議は認めない。

その勢いのまま2連勝した広島がこのままシリーズを制しそう。

…と思っていたが、
第3戦では大谷君がボール球をうまく打ち返してサヨナラ打!
第4戦で中田、レアードに一発が出て流れが一変!
第5戦では不調だった西川がサヨナラ満塁ホームラン!

その勢いのまま、第6戦でもレアードの満塁弾が飛び出すなど2連敗からの4連勝でシリーズ制覇。
今年の日本シリーズは面白かった。来シーズンも今から楽しみだ。

今年はドラフトも面白かった。
投手豊作の年で、ドラフト前からどの球団が誰を指名するのか盛り上がっていた。

中でも一番の注目株、創価大の田中正義は結局5球団が1位指名。
その抽選で勝ったのは、なんとソフトバンク。
ソフトバンクにこれ以上いい選手集まらなくてもいいんだけど。

我が横浜ベイスターズは柳投手を1位指名。
しかし中日と競合。
そして抽選負け。

ハズレ1位で佐々木投手を指名するもまたも抽選負け。
結局濱口投手を指名。ただ、うまくやれば化けそうな選手なので育成に期待。

横浜の最近のドラフト戦略は成功してるから案外いいかもね。

阪神のドラフト戦略は意味不明。現場ではため息が漏れたという。
これだけ良投手が揃った豊作年に、誰も注目していなかった大山という野手を1位指名。
結果的に、ドラフト前情報では2番人気だった佐々木投手にどの球団も指名しないという事態に。
阪神が1位で佐々木を一本釣りして、2位で大山を取っていれば最高のドラフトだったのに。

この影響で佐々木投手のハズレ1位に5球団競合することになるが、これはドラフト史上初の珍事だったようで。
普通に単独1位指名を受けるより価値があるかもね。

金メダルラッシュ!リオ五輪が予想以上の盛り上がり

毎日寝不足で日中眠くてしょうがない。
それもこれもオリンピックのおかげですが、リオとの時差が12時間ですからね。
日本とはちょうど地球の真裏に位置しているようです。

ただし!

連日のメダルラッシュで日本列島は最高潮に盛り上がっています。
お家芸の柔道復権に、水泳の躍進、男女卓球は中国に肉薄し、陸上ではなんと4x100mリレーでアメリカを破って銀メダル!

快挙快挙の連続です!
東京オリンピックへの強化策がすでにはまった形で、俄然4年後が楽しみになってきました。

中でも一番のニュースは女子レスリングでしょう。
伊調馨が女子では前人未到のオリンピック4連覇達成!
6階級中4階級で金メダルと獲得するという快挙でした。

しかし!

霊長類最強女子こと、吉田沙保里がまさかの決勝戦敗退。
連勝は206で途切れ(それでも異常だが)、引退をほのめかす発言をしているようです。

「吉田が負けた」という事実は各国メディアでも取り上げられるほど大きなニュースになりました。
正直誰も負ける姿を予想していなかったため、ショックは大きかった。
自分もまさか吉田沙保里が負けるとは思ってもみなかった。
…が、10年以上TOPにいるということはそれだけ研究されるということですよね。

でも胸を張って帰ってきてほしい。

今回金メダルを取った若き日本代表は吉田沙保里のオリンピックでの活躍を観て育った世代。
吉田に憧れてレスリングをはじめ、刺激を受け成長して、金メダリストになった。
吉田沙保里がまいた種は確実に芽を出し育っています。

4連覇した伊調馨も、もともとは吉田沙保里に勝てずに階級を変えたんです。
吉田から逃げて階級を変えて五輪4連覇…
この事実が何より吉田沙保里の偉大さを物語っています。

KD

KDまさかのウォリアーズ移籍!NBAはオフシーズンの動きにも要注目

ケビン・デュラントがゴールデンステート・ウォリアーズに移籍!

いきなり飛び込んできたビッグニュース。
NBAを知らない人からすれば「で?」っていうニュースだろうが、NBAファンからしたらとんでもないニュースだ。

てか、スプラッシュブラザース+KDって、あいつら1試合で何点取るつもりやねん!
200点取るつもりなんだろうか…

シーズン73勝の新記録を作ったにもかかわらず、ファイナルでクリーブランドに敗れたのがショックだったのはわかるけど、やりすぎだよ。
シーズン80勝するつもりなんすかね。

でもハリソン・バーンズとアンドリュー・ボーガット放出しちゃうし、ゴール下のディフェンスで今以上にグリーンにかかる負担が増えるだろうな。
レブロンが得点量産モードに入ったときに、チームディフェンスで止めきれるのか今から楽しみで仕方ない。

他にも注目の補強を進めているのがシカゴ・ブルズ。

なんとシーズンMVPを獲得したことのあるデリック・ローズをニューヨーク・ニックスに放出!
これには度肝を抜かれた関係者が多い。俺もびっくらこいた。

確かにローズは怪我がちで、シーズンを通して安定した成績を望むのは難しい選手になってしまったが、
全盛期のキレッキレの動きを知っていると、そして今でも時折見せる切れ味抜群のクロスオーバーを観てしまうと、
ローズ放出はかなり思い切った戦略に思えてしまう。

これでジミー・バトラーを中心にしたチーム作りに切り替えていくのかなー、なんて思っていたら、
なんとドウェイン・ウェイドとレイジョン・ロンドを立て続けに獲得!この移籍にもびっくらこいた。

バトラー、ウェイド、ロンドを共存して使うとすると、バトラーはフォワード起用かな。
まぁ、バトラーのディフェンス力なら大丈夫そうだが。
ガソルの他にもう一枚強力なビッグマンがいれば、十分優勝を狙えるチームだな。

最後にドラフト。
さすがに大学バスケまで精通してはいないので有望選手は知らないが、
NBAはドラフト1位が前評判通りに活躍することが多い。
2008年以降の1位は下記の通り。

デリック・ローズ
ブレイク・グリフィン
ジョン・ウォール
カイリー・アービング
アンソニー・デイビス
アンソニー・ベネット
アンドリュー・ウィギンス
カール=アンソニー・タウンズ

活躍できてないのはアンソニー・ベネットくらいで、後は全てNBAファーストチームに入ってもおかしくない面々ばかり。

というわけで、2016年ドラフト1位のベン・シモンズもたぶんやってくれそうな雰囲気。
2位のブランドン・イングラムは目つき悪くて素行不良っぽいけど、Youtubeで観る限りバスケの実力は確か。

今からすでに来シーズンが楽しみだ。

player_curry

ステフィン・カリーを止めない限りサンダーに勝機はない

※画像はWOWOWより

NBAが佳境です。ブルーレイに撮った試合を帰宅後に観戦するのが今一番の楽しみです。
カンファレンスセミファイナルが終わって、残っているチームは4つ。

・ゴールデンステートウォリアーズ
・オクラホマシティサンダー
・クリーブランドキャバリアーズ
・トロントラプターズ

大本命はウォリアーズで間違いないんだけど、まさかスパーズがサンダーに負けるとは誰も思ってなかったよね。
今季ホームで一度しか負けていなかったスパーズが、セミファイナルだけでホームで2敗。
サンダーの両エース、ラッセル・ウエストブルックと”KD”ことケビン・デュラントを勢いづかせてしまうと手が付けられないです。
特にウエストブルックの速攻はアンストッパブルですねー。スパーズの名将ポポビッチさんもお手上げ状態でした。

スパーズ戦ではセンターのアダムスと、シックススマンのカンターがめっちゃ頑張ってたイメージ。
あの二人がコートにいる時、オフェンスリバウンド取りまくるし、とりあえずリバウンドに参加しまくるからダンカンもオルドリッジもかなり疲れてたはず。
特にダンカンはいつ引退してもおかしくない年齢だし、相当疲労が溜まっただろなー。
もしかすると、このオフにこっそり引退するかもね。華々しく引退したコービーとは対照的に、ダンカンの引き際はそんな気がする。

とは言っても、サンダーがウォリアーズに勝てるビジョンが見えないな。
スパーズ戦よろしく、アダムスとカンターでリバウンドを制するしかない。
あとウエストブルックがディフェンスをしっかり頑張ること。
ウエストブルック以上にアンストッパブルなシューターがウォリアーズにはいますからね。

NBA史上初の満票でMVPに選出されたステフィン・カリーを止めない限り、サンダーに勝機はない。
でもカリーを止めても、トンプソンがいるし、成長著しいドレイモンド・グリーンもいる。

盛り上がるウェストに比べて、イーストはキャバリアーズが順調に勝ち進み。
ってか、まだプレイオフに入ってから一度も負けてない。
3ポイントが異常なくらい決まってるからね。

あの勢いが続いて、けが人を出さなければ、もしかすると決勝でウォリアーズに勝つかも。
ただ、レギュラーシーズンではボロ負けしてるから、悪いイメージを引きずってそうなところは気がかり。
レブロンが優勝経験のないメンバーに勝者のメンタリティーを植え付けられるかどうかにかかってるな。

あー今日も殴り書き。

ゴールデンウィークは念願のゴルフデビュー

今までゴルフはやっていなかったのだが、ついに始めた。
優秀な営業マンは誰しもがゴルフくらいはたしなんでいるもの。

ただ、クラブやバッグを買う金がなかった私は部長や課長にお願いしてお古をタダでもらった。
課長がくれたウッドは、今は公式戦で使うことができない高反発ウッドというやつで、当時12万円もした代物だとか。
12万円のウッドをタダでもらえるなんて、課長どんだけ稼いでるんですか。
ラッキー。

シャフトがフジクラというメーカー製で、これがまた高いらしい。
グリップやらシャフトやら、クラブの素材がチタンやらカーボンやら、わからんことだらけだがどにかく金がかかることは確か。

さて、ゴールデンウイークに地元に帰り、仲の良い友人と初ラウンドすることにした。
本来は4人1組で回るらしいが、今回は初めてで時間がかかるだろうからと3人で予約してもらった。

気になる料金は1万円以下だった。
ゴルフはめっちゃ金がかかると聞いており、ゴールデンウィークなんて気候もいいし一番高い時期だと思うけど、それでも1万円以下で回れるというのに驚いた。
まぁ、地元がめっちゃ田舎というのもあるのだろうけれど。

初ラウンドまでにゴルフバッグを買わねばならんのだが、これまた誰か余っている人がいないか詮索中。
だって買うと3万円くらいするからね。
何買うにしてもたけーよ、ゴルフ。

今のところ自分で購入したものと言えば、ゴルフシューズくらい。
シューズは16,000円くらいだった。
フットジョイというメーカーのDNA BOAという製品で、取引先のゴルフ好きの方から教えてもらったシューズだ。
簡単に履けて、ネジを回すようにしてフィッティングできるのがポイント。
フットジョイなんてゴルフをやらない人からしたら無名のメーカーだけど、逆にゴルフをやっている人からすればナイキなんかよりメジャーなメーカーだ。

というわけで、最近練習にちょこちょこ行っている。
でも誰にも教わらずに独学と言うか、自分の感性でクラブをぶん回しているだけなので、全然うまくならない。
ここはやはり、最初は金を掛けてレッスンプロに教わるべきなのだろうか。

写真 2016-02-11 13 45 46

松山選手がメジャーでTOP10に入るなど、ゴルフ人気もまた上がってきたかな?
石川遼が不調だからダメか。

今日は少し適当に書きなぐりすぎたな。
反省。

ヘスケスのトライシーンに大興奮!スポーツの歴史に刻まれる名シーン

ラグビー面白いっすね!

今回のワールドカップですっかりファンになってしまいました。昔からNHKで放送されていた大学ラグビー早慶戦や早明戦は観戦していましたが、社会人ラグビーや日本代表のラグビーはあまり観たことがありませんでした。

それが、あの大興奮ですからね!

自分なんて日本vs南アフリカのハイライト映像、特にヘスケスがマフィのパスを受けて逆転トライを決めるシーンは、すでに100回近く動画再生してます。会場が一体となって湧き上がるあの瞬間が、映像で観てるだけでもたまりません。

一度でいいから、ああいったスポーツの歴史に刻まれるシーンに居合わせてみたいものです。例えば、

  • 楽天が初の日本一を決めるとき、前日先発していたマー君が9回に抑えで登板し、球場全体で登場曲を熱唱するシーン。
  • CL決勝でリバプールが0-3からわずか10分の間に追いつき、最後はPK戦で勝利したイスタンブールの奇跡。
  • NBAファイナル、マイケルジョーダンがマローンからスティールして自ら決めたラストショット。

これらの時代を彩った名シーンに、今回のラグビー南ア戦勝利は刻まれるでしょうね。現地ではないにしても、これをリアルタイムで観れたことは息子や孫に自慢できるでしょう。…息子いないけど。

スポーツは悲劇的なシーンもまた、いいですよね。

  • サイレンススズカがキャリアの絶頂で故障を発生し、予後不良の安楽死処分となった天皇賞秋。
  • クライマックスシリーズ最終戦で、負けない絶対エース斉藤和巳が森本の好走塁で一気にホームを落とされがっくり崩れるシーン。
  • 日本サッカー初のワールドカップ出場の夢が、試合終了まで数分のところで消え去ったドーハの悲劇。

スポーツの世界で「たられば」は厳禁ですが、もしサイレンススズカが生きていたら… もし斉藤和巳がケガをせず当時のピッチングを続けていたら… もしカズがワールドカップに出場していたら… 歴史は今と大きく変わっていたでしょうね。

いやー、スポーツって面白いなー。

錦織選手の歴史的瞬間を見逃すまいて

若者の人間離れが激しい昨今、毎日に疲れた親父たちは彼らの活躍が糧になっています。

どんな希望を抱き進んだらいい?
答えようもないその問いかけは日常に葬られてく。

ミスチル、いいすよね。

さて、全米オープンですよ。

準決勝で世界ランク1位のジョコビッチを破って、日本人男子が決勝進出。
こんな日が来るとは。

エアケイの真似をして、中年太りのおっさんがジャンピングレシーブするという
コミカルな姿があったのは3年ほど前。(エアジョージと名付けた)
その頃はまさかその錦織選手が全米オープンの決勝に行くなんて思えるわけもなかった。

自分がテニス中継にはまってた10年くらい前は、決勝と言えば、サンプラス、アガシ。
女子ではダベンポート、ヒンギス。

その後もフェデラーとナダルの時代がきて、S.ウィリアムスの時代が来て。
日本人男子は決勝どころかベスト32にもいなかった。

それが、6時間後に始まる決勝で錦織選手が戦うという現実。
ここまでの内容を観ればわかる通り、まぐれではない本物の実力。

観るものすべてを魅了する攻撃的プレー。海外のメディアも注目するはず。

勝ってほしい。
2位でも頑張ったなんて声が上がると思うが、必ず勝ってほしい。

1位と2位は天と地の差がある。
誰も2位のことなんて覚えていない。

ウサイン・ボルトが世界新記録で優勝した北京五輪男子100m。
2着だった選手を覚えていますか?

オランダvsコスタリカはPK戦決着

いやー、いい試合でした。

途中スナイデルがポスト、ゴールバーをたたくシュートが2本あって試合が決まりそうな
場面は何度かあったけど、コスタリカはそれを守りきる当たり今大会の好調さを感じる。
乗ってるチームは運も味方してくるからね。

でも延長後半終了間際でオランダはゴールキーパーを交代。
まさにペナルティキックを止めるスペシャリストとしての背番号23の起用。

これがピタリ。

オランダは全員が決めたのに対して、コスタリカのPKは2本も止められた。
枠外にはずしたんじゃなくてキーパーに止められてたから、まさにPKのスペシャリストって感じ。

各国キーパーは3人ずつ代表に入ってるのが普通だけど、どうせ試合に出るのは1人だし、
もし正ゴールキーパーに怪我があった場合に2人目が出るけど、3人目はほんと出番ない。
だからこうやってPK戦のスペシャリストっていう人選はありだなーと感じた。

あれだけ攻めに攻めてたオランダが負けて、ずーっと守り一辺倒で数少ない
カウンターにかける戦い方をしてたコスタリカが勝つという結末は嫌だったしね。

これでベスト4が出揃った。
ブラジル、ドイツ、アルゼンチン、オランダ。

実にいい!

2つの南米の雄とW杯ではいつも強いドイツ、勢いに乗るオランダ。
まぁ個人的にはブラジル開催だし、決勝でブラジルvsアルゼンチンが見たい。
ネイマールがいないのは悲しいけど。
ディマリアも負傷交代してたけど、次の試合出れるのかな。。

それにしても休みとはいえ、寝ずにアルゼンチンvsベルギーもオランダvsコスタリカも
見続けてさすがに眠気が来た。この記事をアップしたら速攻で寝ます。

アディオス!

ブラジルvsチリ世界最高峰の一戦はPK決着

http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140629-00206826-soccerk-socc

チビデブなおっさんだが、スポーツ観戦は大好き。
自分がやれと言われても、5分で足がつるタイプの人間だが、観戦は大好き。

さっきまで行われたワールドカップベスト16「ブラジルvsチリ」の試合はずっと観てた。
まさかのPK戦決着だったけど、いいもの見れた。

チリみたいなサッカーを日本代表も目指すべきだと思った。
堅守速攻で南アフリカ大会の岡ちゃん日本を思い出した。
まぁレベルは全然違うが。

全員がしっかり守りの意識を持ってハードワークする。
基本路線にブレがないからチームとして戦えるよね。
あのブラジルがなかなか決定機を作れないんだからすごかった。

でもフッキのあのシュートは当たりこそへぼぴーだったがハンドではないでしょ?
審判が25メートルくらい離れてたけど、ちゃんと見れてたんかいな。
おかげで世界最高峰のサッカーを90分+30分も観れたのだけれど。

PK戦はセザールが2本も止めるとは。
さすがっす。

ネイマールはあれだけプレッシャーかかるところでよく決めたね。
でも勝った後泣いてたね。よく泣くよね、ネイマール。

というわけで、これからもちょくちょくスポーツの感想をぶっこんでいくのでヨロシク。